urihanaの日記

urihana

受験・節約・学校生活などについてを記すブログです。

【問題集・過去問】実体験あり!高く簡単に売るなら学参プラザがおすすめ

受験終わったから参考書・赤本を高く売りたい

 

そんなお悩みを持っている方必見!

 

重要なポイントは【どのサービスを使えば、高く・簡単に売れるか】です。

 

そこで、この記事では、参考書買取を行っている学参プラザ、ブックオフ、メルカリの比較をしていきます。

 

学参プラザ

学参プラザは、業界最大手の参考書買取専門会社です。

 

私は、

早稲田大学の入試当日、帰り道にもらったポケットティッシュの広告で知りました。

 

聞いたことない、怪しい

 

そう思っていました。

 

しかし、、、、

学参プラザのメリット

・会員登録不要 

・完全在宅買取可能 

・10冊以上の買取で送料無料 

・プリントやノート、教科書も買い取り

 という点にひかれて、利用することにしました。

 

学参プラザを実際に使ってみた感想と収益

 

買取の順番

➀申し込みフォーム入力(メアドと発送方法など)

②無料段ボール取り寄せ+本を段ボールに詰める

③着払い発送(待つだけ)

④振込

 

完全在宅は超便利

 

気になる収益は、、、

1万円弱でした!!

ブックオフでは絶対に到達できない買取価格(笑)

 

書き込みがあっても売れるのか

真っ黒でなければ大丈夫です。

むしろ歓迎されている場合もあります。

 

塾や予備校のテキストの場合、

書き込みは授業内容の補足になるからです。

 

市販の参考書は減額対象です。

このため、消しゴムで地道に消すことが大切です。

 

名前入りでも売れるのか

学参プラザは名前入りの商品を買い取っていると、

Q&Aコーナーで公言しています。

 

が、

 

(落とし物でもないのに、名前を残しておく意味はあまり感じられませんし、)

 

(見知らぬ誰かに自分の名前を知ってもらいたい場合を除いて、プライバシーの観点から)

 

名前や学校名は黒く塗りつぶして送るのが賢明と言えます。

 

メルカリやブックオフはおすすめか?

それぞれのメリットデメリットを紹介します。

 

メルカリのメリット

学参プラザよりも高く売れる可能性がある。

今後のメルカリの取引のための実績づくりになる。

 

メルカリのデメリット

梱包が面倒くさい。

売れるかどうかは運次第。

 

ブックオフのメリット

実物をもっていけば、何かしら(買取・処分)してもらえる。

有名。

 

ブックオフのデメリット

3千円の参考書が10円の買取はざらにある(つまりコスパが悪い)

待ち時間が長い

 

高価買取で待ち時間もなく、完全在宅という観点から

学参プラザの完全勝利と言えそうです。